学歴/職歴

高橋恭久

AOS最高顧問 歯学博士
高橋 恭久
Yukihisa TAKAHASHI
DDS, PhD
昭和45年生
横浜市都筑区在住

1994,3 日本歯科大学(東京校)卒業
1994,4 日本歯科大学大学院入学(解剖学教室第二講座)
1998,3 日本歯科大学大学院卒業 歯学博士
1998,4〜2000,3 ヤナセ歯科インプラントセンター勤務
2000,4〜2002,8 高橋歯科医院勤務 副院長
2001,3 第3期ITIスカラーシップ(世界15名枠)に申請.
2002,3 日本人初のITIスカラーに選抜される.
2002,9〜2003,10  ITIスカラーとして、アメリカ コネチカット大学ヘルスセンター補綴科留学.ITI会長, 同科教授 Thomas D Taylor氏に師事.
2003,10〜2008,1 MMデンタルクリニック勤務 副院長.
2004,5〜 「W&210プランニングオフィス(出張外科手術のための個人事業)」開業 代表取締役
2005,7 ITIワールドシンポジウム2005,ドイツ・ミュンヘン開催大会にてAward賞を受賞
2007〜 歯科医師・技工士・衛生士のためのスタディクラブ「Art of Oral Science」設立.
代表、理事。現在、会員数40名. 基本活動:例会 年3回. 特別講演会 年2回.
2008,2〜 高橋歯科医院勤務
2009,4〜 鶴見大学口腔顎顔面インプラント科非常勤講師
現在に至る.


国内所属学会/海外メンバーシップ

日本顎咬合学会 認定医
日本口腔インプラント学会会員
Academy of Osseointegration (AO), active member
ITI member
ITI scholar 2002

所属スタディクラブ

日本歯科先端技術研究所会員
Art of Oral Science (AOS) 代表, 理事


セミナー/コース/講習会関連

◎定期セミナー(3日間イブニングセミナー);
2004 ITIインプラント臨床座談会 年3回 / 水道橋
2004〜2005 ITIインプラント臨床座談会 年3回 / 新宿
2004〜2005  ITIインプラント臨床座談会 年3回 / 横浜
2005  ITIインプラント臨床座談会 年3回 / 厚木
2006〜2007 インプラントの導入から最前線へのスターターセミナー 年3回 / 新宿
2006〜2007 インプラントの導入から最前線へのスターターセミナー 年3回 / 横浜
◎単回セミナー;
2006 ITI エステティックインプラントセミナー / 新宿
2007 ITI ワールドシンポジウムNew York情報提供セミナー / 名古屋
2007 ITIセミナー;ITIトリートメントガイド出版記念 / 大阪
☆実習コース(3日間)
2008 鶴見大学Genius Implant Ex. Course(佐藤淳一先生監修)

文献/書籍/演題発表

□高橋恭久,倉淵真悟,相山誉夫, 副交感神経遮断と虚血がマウス顎下腺組織に及ぼす影響について ,歯学, 86(4) : 826-841, 1998.
□Yukihisa Takahashi, Shingo Kurabuchi ,Shigeo Aiyama, Histological Changes in the Mouse Submandibular Gland Subjected to Parasympathetic Nerve Block or Ischemia; Comparison between Chorda Tympani Resection and Trophic Vessel Transection., Shigaku, 86(4):820-825,1998.
□杉藤庄平,高橋泰久,江黒徹,中川真,多田祐介,上野栄一,白鳥徳彦,高木亮,五十嵐俊男,平行性のないインプラント上部構造作製の一考察, 第29回日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部総会,1999,11,13.
□佐藤彩子,大川万里子,高橋恭久,江黒徹,溝口尚,小森谷亮,志賀泰昭,倉本弘樹,簗瀬武史,入江靖雄,インプラント周術期の全身管理における歯科衛生士の役割について, 第29回日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部総会1999,9,26.
□高橋恭久,油谷一裕,塩浜康良,福里英彦,伊藤充雄, 上部構造物に関する研究 −肉厚と鋳造精度について−, 日本口腔インプラント学会誌, 15(3),2002.
□高橋恭久*, 勝山英明, デンタルインプラントのトレンドと可能性-インプラントはどこに向かうのか, 歯科技工, 32(1) : 57-70, 2004.
□高橋恭久, 関山治樹, 勝山英明, 第1回 インプラントの評価基準と治療計画 歯科医師と歯科技工士の協同戦略-診査・評価・診断, 歯科技工, 32(2) : 163-175, 2004.
□月岡庸之, 堀田将利, 稲田和徳, 梅澤誠二, 高橋恭久, 勝山英明, 第3回臼歯部領域におけるインプラント治療・技工-1.単独歯欠損症例に対する処置, 歯科技工, 32(4) : 459-477, 2004.
□Ultimate Guide IMPLANTS, 医歯薬出版, 2004.
□Yukihisa Takahashi, Hitoshi Aoshima, Hideaki Katsuyama, Papilla Formation Technique With Multiple Immediate Implant Placement, the Quintessence,vol.24 No.4/2005-645,p3-6.
□高橋恭久, 勝山英明,インプラントを用いた審美修復の限界と可能性1,インプラント間乳頭の形成と長期にわたる維持,別冊Quintessence YEAR BOOK 2005現代の治療指針 全治療分野と欠損補綴, 110-111, 2005.
□中田光太郎, 千 栄寿, 小川秀仁, 高橋恭久, 勝山英明, 第1回 インプラント治療・技工における新機材導入の可能性, 歯科技工, 33(2) : 147-160, 2005.
□新村昌弘, 高橋恭久, 勝山英明, 第2回歯科矯正治療へのインプラントの応用-インプラント治療と歯科矯正治療のコラボレーション, 歯科技工, 33(3) : 345-359, 2005.
□月岡庸之, 梅沢誠一, 高橋恭久, 勝山英明,第3回 イミディエートローディングインプラントの臨床・技工, 歯科技工, 33(5) : 565-579, 2005.
□高橋恭久, 関山治樹, 青嶋 仁, 第4回 (最終回) 抜歯即時インプラントにみる未来型治療の方向性 -インプラント治療・技工の到達点として, 歯科技工, 33(6) : 701-717, 2005.
□Urs C. Belser, Bruno Schmid, Frank Higginbottom, Daniel Buser/(訳)北條正秋, 高橋恭久, 勝山英明, 上顎前歯部におけるインプラント修復の結果分析:最近の文献レビュー, 別冊 Quintessence DENTAL Implantology, 第3回 ITIコンセンサス会議議事録,インプラント治療における最新プロトコールの全容. 34-47, 2005.
□Daniel Buser, William Martin, Urs C. Belser/ (訳)林 秀一, 高橋恭久, 勝山英明,上顎前歯部における審美的インプラント修復の最適化:解剖学的、外科的考慮, 別冊 Quintessence DENTAL Implantology, 第3回 ITIコンセンサス会議議事録,インプラント治療における最新プロトコールの全容. 48-67, 2005.
□Frank Higginbottom, Urs C. Belser, John D. Jones, Scotto E. Keith/ (訳)稲田和徳, 高橋恭久, 勝山英明,審美領域におけるインプラント補綴のマネージメント, 別冊 Quintessence DENTAL Implantology, 第3回 ITIコンセンサス会議議事録,インプラント治療における最新プロトコールの全容. 68-79, 2005.
□Urs C. Belser, Daniel Buser, Frank Higginbottom/ 稲田和徳, 高橋恭久, 勝山英明,インプラント歯科学における審美に関する合意声明と推奨される臨床術式, 別冊 Quintessence DENTAL Implantology, 第3回 ITIコンセンサス会議議事録,インプラント治療における最新プロトコールの全容. 80-83, 2005.
□勝山英明, 高橋恭久, 北條正秋, 特別企画,審美部位におけるインプラント治療のクライテリアとその科学的背景.Part3.インプラントと上部構造の相互関係, Quintesence Dental Implantology,Vol.13,No 3,2006.
□高橋恭久,“インプラント審美” 上顎前歯部1歯欠損症例, 抜歯後即時インプラント埋入・即時プロビジョナルレストレーション, Quintesence Dental Implantology, vol.13,No.5, 2006.
□Yukihisa Takahashi, Two Case Reports of Inter-implant Papilla Reconstruction in the Esthetic Zone. The European Journal of Esthetic Dentistry., Vol.1 No.2,100-110.August 2006, Quintessence Publishing, Berlin in Germany.
□Yukihisa Takahashi, Clinical reseach, A Case Report of Inter-implant Papilla Reconstruction and An Attempt for Evaluation of Treatment Outcome.Poster presentation, Academy of Osseointegration, 22nd annual meeting, March, 2007.
□Yukihisa Takahashi, Clinical reseach, A Case Report of Inter-implant Papilla Reconstruction and An Attempt for Evaluation of Treatment Outcome. Sceintific Journal of Japan Institude for Advanced Dentistry, Vol.12-No4, 203-213, 2006.
□高橋恭久,勝山英明 “インプラント審美” 上顎無歯顎ボーンアンカードブリッジ症例, CAD/CAMテクノロジーによって作製されたワンピース・ジルコニアフレームの応用, Quintesence Dental Implantology, 2008.
□高橋恭久, 高崎義人,直野公一,特集:インプラント治療における下歯槽神経損傷および知覚障害の診査・診断・対処法, Part 2 インプラント撤去法, Quintesence Dental Implantology, Vol.16, No.2, 2009.
□高橋恭久, 高崎義人, 北村一, 特集:インプラント治療における下歯槽神経損傷および知覚障害の診査・診断・対処法, Part 4 インプラント治療における事故および訴訟を起こさないために, Quintesence Dental Implantology, Vol.16, No.4, 2009.